そのだ整骨院ブログ

2014年4月 2日 水曜日

サッカーで足首の捻挫

weepweepたっくる受けてギクギク足首の捻挫。そのだNASA.
そのだ先生の治りょう受けたpunch2かいでhappy01スタスタhappy01


投稿者 そのだ整骨院 | 記事URL

2014年3月27日 木曜日

対処療法と,原因療法の違い アキュースコープ


sunはげ頭にカツラをかぶり隠してもです。 カツラを外したらsun禿げ頭ですね 。白髪染めして黒髪にしても染粉が取れるとhappy01白髪です。怪我してテーピングしてもです。捻挫した足首テープ外したら・?捻挫は・?治っていませんね。
何週間も通院して電気刺激して誤魔化しても細胞の修復はされませんのですぐ再捻挫です。治った様な気がする。 実は細胞の修復ができていないのです。これがほとんどの治療で。患者さんが知識がないため治療していると思込んでいるのが対処療法です                                               
 

sunではカツラを外した禿げ頭に毛を生やすには?専門医師の手術により後ろの元気な髪の毛を植え変えることにより再生しますね?怪我した細胞の修復はなにによりもとの細胞に戻れるのでしようかhappy01実は世界で本物の細胞の修復ができるのは、当院がもっとも得意分野としている細胞の修復です。これには圧到的な経験に裏付けされた最高の技術開発が必要不可欠です。約40年のキャリアが あなたの体の細胞バリバリ元気に致しますhappy01本当に困り果てた方お待ちしています。柔道整復師は怪我の専門修理屋ですが、医師免許ではありません。野球肘野球肩、スポーツによる腰の痛みテニスに起因するテニス肘,。テニス肩  。

ラグビーに起因する 。ハムストリングの損傷足首の捻挫 。ラクロスに起因するシンスプリント 。スイミングに起因する肩の損傷 サツカーのコンタクトの再に起きる足首の損傷 。あらゆる運動によつて起きる怪我の。 回復に絶対にやつてはいけないことは誤魔化しの治療手段としてよく用いる家庭のコンセントプラグを電源として使う低周波 。超短波 。干渉波 。これを損傷部位に使うと 。捻挫打撲 。挫傷 。骨折  。脱臼 。損傷した細胞の修復は出来ません 。捻挫 。肘 。肩  で何か月も通院中ではありませんか angry安静にしていなさいと3週も4週も患部を使用しないとどうなりますか 。筋肉が痩せて全身のバランス感覚が崩れ落ちてしまい元のスポーツにもどれなくなりますね 。正先端のアキュースコープマイオパルスがあなた細胞の修復に最高の効果

と結果を導き出しますまだ休んでるあなたの早期複期に必ず必要不可欠なNASAのミラクルマシーンがお待ちしています.

原因療法の特徴は壊れた細胞と直に対話が出来ることですNASA国際宇宙開発局がネブリンスキー博士と共に開発のミラクルマシーンはあなたの細胞に働きかけ 。 驚愕の結果を叩き出します、punchpunch

投稿者 そのだ整骨院 | 記事URL

2014年3月 5日 水曜日

足首の捻挫 最短 最良のNASA


やりました!!
テニスの試合サイドステップが少し不安でしたが、勝ちました!
そのだ先生のNASA治療のおかげでベスト16目指し、3月8・9日の試合に望むことになりました。
5日にもう一度NASA治療受けに行きますので、そのだ先生よろしくお願いします。ついでに花粉対策にも対応して頂き、サンキューheart(笑)

投稿者 そのだ整骨院 | 記事URL

2014年1月26日 日曜日

acuscop,myopulse アキュースコープマイオパルス3

 アキュースコープ&マイオパルスは、あなたのミトコンドリア電子伝達系の表面積を増やしてATP合成を高め、大量のATPを生産します。
ATPは車でいう高性能のハイオクガソリンと同じで、人体が正しく機能するための必要不可欠なものです。
 
 ATP(ガソリン)は、細胞内に貯蓄することが出来ない為、常に作り続けなければなりません。
ここでミトコンドリアの活躍が必要ですが、解糖系(有酸素)を使わないと2個のミトコンドリアから4個のATPしか作れませんが、酸素と水のなかを水素イオン電子が通過するとき2個のミトコンドリアが36個のATPを生成することが出来ます。
さらに、アキュースコープで細胞内に800μA(マイクロアンペア)電流を入れると、ミトコンドリアが通常生成することのできる5倍の180個のATPの生成ができ、これがあなたの細胞を活性して傷ついた細胞の修復に使われるため、結果、折れた骨や傷ついた腱、筋肉・靭帯・皮膚等の治りが5倍速に早まる事になるのです。

 更に凄いことに、フィードバックシステムを内臓するミラクルマシーンのため、細胞と会話をする事が出来、ミラクルな結果が続々と起きるのです。
細胞同士のコミュニケーションがスムーズになると、高速道路の渋滞が解消(滞っていた老廃物が、血管の流れが速くなることで排出)され、全身の情報通信(損傷細胞と正常細胞との区別)が脳にあがり、問題を解決するスピードが上がるのです。

ちまたの保険証を持参すれば1000円以内で出来る治療と全く次元が異なるのは、このミラクルマシーンの説明を見て頂ければわかっていただけると思います。
これが世界を代表する科学者が集結した頭脳センター・NASA航空宇宙局ネブリンスキー博士の作りだしたアキュースコープマイオパルスのマシーンです。

"気長に治療しましょう"なんて言われて、何か月も通院回数を増やされていませんか?
毎日通院させることは治せないと言っていることと同じなのです!

投稿者 そのだ整骨院 | 記事URL

2014年1月18日 土曜日

acuscop,myopulse,アキュースコープマイオパルス2

当院使用のミラクルマシーン『アキュースコープ&マイオパルス』は、1975~1976年Gault氏とGatens氏が、四肢麻痺・骨折・肢切断・結核・糖尿病・脳血管の障害と診断された患者に通電を行なった結果、治癒速度はコントロール群の2倍であったとの研究報告がなされた。

1982年:Cheng氏らは
  『電流刺激には、細胞の生理や成長を刺激する力があるため、生体電流療法と呼ばれている微弱電流治療の重要性を示した。
研究の中で、ATP生成は500μA5倍増加し、
アミノ酸生成は、100~500μAを使用して30~40%の増加を示した。
電流強度をミリアンペア(mA)まで増加するとATP生成は減少し、アミノ酸生成もまた【20%~73%】減少、
タンパク合成は【50%】抑制された。
』 
 
  つまり、(mA)は治療の邪魔をして細胞の活動を止てしまう為怪我が治らない!!
 
体内を流れる電流と同じ強度の電流を傷ついた細胞に流すと、ミトコンドリアの動きが5倍速になるため、ATP生成も5倍速になり、
<靱帯・腱損傷、挫傷(肉離れ)、骨折、打撲>つまり、傷ついた細胞膜の修復、DNAの再生等、人間にとって必要不可欠な生理的反応がATPサイクルによって生み出され、生命の維持に関与しているのが0~800μA(マイクロアンペア)電流であり、その電流を流せるのがアメリカ航空宇宙局(NASA)開発のACUSCOP& MYOPULSE だけである。

マイクロアンペア電流は損傷した細胞膜の修復・再生を促進させるだけでなく、損傷部位を強化することが世界的に証明されている。

投稿者 そのだ整骨院 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

先進医療医療の開発高度な医療技術を提供する安全で根拠に基づくかつ良質な医療のを提供する。


大きな地図はこちら

【所在地】
神奈川県横浜市港北区
綱島西2-7-3ニックハイム綱島第五 1F

【アクセス】
東京急行電鉄東横線
綱島駅から徒歩4分

【TEL/FAX】
045-532-1952

お問い合わせ 詳しくはこちら